JRAの田中らの論文が Computer Speech & Language に採択されました.

JRAの田中らの論文が Computer Speech & Language に採択されました.
曖昧なユーザ発話に対して気を利かせて行動を起こすことができる対話システムに関する研究です.
詳細は以下になります.

Tanaka, S., Yoshino, K., Sudoh, K., & Nakamura, S. (2022). Reflective action selection based on positive-unlabeled learning and causalitydetection model. Computer Speech & Language, 101463.

https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0885230822000869

Top