佐藤チームリーダーらが分担執筆した書籍が出版されました.

佐藤チームリーダーらが分担執筆した書籍が出版されました.
自閉スペクトラム症の社会的非定型性の基盤に扁桃体の活動・結合の弱さがあるという仮説が提案されています.
詳細は以下になります.

Sato, W., Uono, S., & Kochiyama, T. (Chapter; 2022).
Neurocognitive mechanisms underlying social atypicalities in autism: Weak amygdala’s emotional modulation hypothesis.
In Halayem, S., Amado, I. R., Bouden, A., & Leventhal, B. (eds.).
Advances in social cognition assessment and intervention in autism spectrum disorder.
Frontiers Media SA: Lausanne.

https://www.frontiersin.org/research-topics/13572/pdf

Top